陶芸体験焼き上がり色指定参考資料

1日体験で作成されました作品はすべてに自分のものとわかるサインをそれぞれして(イニシャル、日付、イラスト、メッセージなどで構いません)、それぞれの作品の色指定をしてください。

※黄色の作品札にご自分のお名前、作品へのサイン、色番号を記入して作品の側に置いてください。(団体の方は水色の札になります。)

色指定番号のサンプルは以下の通りです。2016年3月18日現在。

基本色10色、色の掛け合わせなども承っております。

①青磁

ほぼ、作品の土の地色が出る透明色です。白またはベージュに近いですが、火が直接当たると薄い青色に変化します。

②赤結晶

赤茶色の色で高温な位置にあると赤みが強くなる結晶系の色です。

③白萩

文字通り白くする釉薬です。左が薄掛け、右が濃くかけた感じの仕上がりです。

④海鼠(ナマコ)

文字通りナマコ色です。複雑な変化を見せます。左が濃くかけたもの、右が薄いものです。濃くかけると紺に近くなり白い斑点が出てきます。青い紺にしたい方は①青磁④ナマコの二重掛け合わせ指定してください。

⑤黄瀬戸

黄色ベースの釉薬ですが、変化のある釉薬です。薄いところはごげ色に変化します。趣きある表情が出やすい釉薬です。ツヤのある黄色を希望でしたら①青磁との掛け合わせ指定してください。

⑥トルコ青

水色系、左薄いの、右が濃くかけたものです。

⑦ピンク

濃い、薄い指定できます。

⑧飴(あめ)色

光沢のある焦げ茶色です。飴色薄めを希望の方は薄めと記入ください。薄めの焼成見本は近日中にアップします。

⑨織部

緑色です。黄瀬戸と掛け合わせるとオリーブ色になります。

⑩黒天目

光沢のある黒に仕上がります。火が当たったところは茶色に変化することがあります。

※多色指定について

上記10種類の釉薬をつかって多色指定することができます。作品札にどの様にして欲しいか具体的に書いてください。

※人形、キャラクター系の色付

箸置きなど人形、キャラクター系につおてはその名称を記入して◯◯っぽくと記入頂ければ、当工房にてネット確認してなるべく近い色に仕上げていきます。

作品の焼き上がりは40日後(窯が混み合う場合は50日かかる場合があります。)予約サイト経由にてメールいたします。